FC2ブログ
 
■プロフィール

RYUICHI

Author:RYUICHI
前職は某大手メーカ系SIerのSE。2008/8/20に退職し8/24フィラデルフィアに渡米。ペンシルバニア大Whartonスクールのサーティフィケイトコースを中退し2010年6月よりアリゾナ州立大学大学院、技術経営学部(MOT)に留学。2011年7月に就職によりミシガンに移動。
車載システムのエンジニアとして働いています。

■最近の記事
■Twitter

■最近のコメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
銃乱射事件
小学校で銃乱射事件。被害者のほとんどは幼い子供達。



全てのメディアはこの事件一色。まったくここアメリカでは銃の事件はいつまでたっても永久になくならないんだろう。毎回同じ議論が繰り返されるだけ。今回は小学校で起きた事件で過去最悪などということで取り扱いはやや違う印象だけれどもやはり根本が変わるかというとちょっとそれは疑問だし、やはりすぐには変わらないだろうなという気がする。

1992年、ある一人の高校生がルイジアナ州に留学して、銃により命を落とした。彼とは高校の同級生だった。当時は自分が将来アメリカに住む事なんて全く考えていなかったけれども、今こうしてアメリカに住んでみると、ただ銃を規制すればよいなどという意見がどれほど空虚なものかよくわかる。

人間がそういう道具を作ったくせに振りまわされてやんの、と誰かにずっと笑われている気がしてならない。

スポンサーサイト


未分類 | 05:12:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。