FC2ブログ
 
■プロフィール

RYUICHI

Author:RYUICHI
前職は某大手メーカ系SIerのSE。2008/8/20に退職し8/24フィラデルフィアに渡米。ペンシルバニア大Whartonスクールのサーティフィケイトコースを中退し2010年6月よりアリゾナ州立大学大学院、技術経営学部(MOT)に留学。2011年7月に就職によりミシガンに移動。
車載システムのエンジニアとして働いています。

■最近の記事
■Twitter

■最近のコメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カナダぶらり旅 後編
ウォーキングツアーにあわせ友人と合流したのだがツアーの後は特に彼もその日中にフィラデルフィアに運転して帰る以外は特に予定はなかった為、まあぶらぶらと一緒に行動することに。

まず、ツアーガイドもすすめてくれたマーケットに行って散策。
http://www.stlawrencemarket.com/
人も多くにぎやかで、食べ歩きなどしながらいろいろまわれる。まあ特に目新しいものが売っているというわけでもなかったけれどなかなかおもしろかった。もちろんメープルシロップは一応買っておいたけれど。



あとはその後CNタワーへ歩きで。北米で一番高いタワーとのこと。時間が微妙だったので結局のぼりはしなかったけどいわばランドマーク的存在のタワー。やっぱり近くで見て写真をとっておくべきものかなと。



そうしてだいたい夕方5時頃、友人もフィラデルフィアへ車で向かうというので別れてじゃあこれからどうしようかと一思案。行きたいと思っていたミュージアムはちょっと時間的に遅いし、中華街もちょっと遅いので若干時間をもてあましぎみに。しかも宿も何もとってなかったので、ちょっと探そうとも思ったけど、想定外だったのが、ミシガンの感覚でスタバや大抵の喫茶店ならばFreeWi-fiがあるからネットでなんとでもなるわ、とたかをくくっていたら、トロントには本当にネットをつなげるところが少なかった。iPhoneは持っていたけど、国際ローミングになるので、普通の感覚で使うと数十ドルになるので使いたくなかったのもあり、Wi-fiを求めてうろうろドライブすることに。結局郊外まで行って、ようやくFreeWifiが使えるところをみつけ、PCを開いてほっとひと安心。。日ごろネットに依存していると、ネットがなくなると何にもできない、という当たり前の事態に直面。初めは、夏だし別に車の中で寝てもいいくらいに思っていたけど、運転もして疲れて、しかも、9時でも明るいという長い夜なので、やっぱりちゃんとせめて宿くらいは決めておけばよかったと後悔。

B&Bやホステルも面白いかなと思ったけど、あたりはずれも多いので、ネットですぐにでてきた安ホテルに。安いといっても70ドルしたので、やっぱりトロントは高い。ミシガンなら50ドルくらいで普通のモーテルには泊れるのになあ。

翌朝一番でカサローマというもともとは貴族の邸宅だったらしいお城みたいな(適当)場所をめざす。なんか、観光バスのルートに入っていたから有名なんだろうという単純な理由。まあいってみるとまあ割とイカス感じのお城がデンっと。入場料が高すぎたので外で写真をとるのみで早々に本来の目的のロイヤルオンタリオ博物館へ。



相当大きな博物館で、絵画もあるし、動物の剥製や化石などもある。大好きな昆虫の標本なども沢山あった。なかなかおもしろい。またゆっくりきてもいいかも。



そして、お昼ごろナイアガラに向かってトロントをあとに。トロントからナイアガラは1時間半ほど。めちゃくちゃ近い。ナイアガラは2年ほど前義父母がアメリカを訪れた際に行っていたので今回はまあちょっと立ち寄るって程度だった。でも行ってみるとやっぱりなかなかの迫力。前回はツアーだったので行動や時間が制限されていたけど今回は自分の車で、ひとりだけ。思うぞんぶんぼけーっと眺めることができた。はたからみたら奇異に見えただろうな。ぼけーっとおっさんひとりが滝を見ながら思いにふけるって全然絵にならない。



というわけで適当なところで切り上げて帰途へ。ナイアガラから家までもだいたい4時間半くらい。トロントに行くのとほぼ変わらない距離。

1泊のほんとうに気分転換のドライブ程度のたびだったけどまあおもしろかった。でも今度はぜひモントリオールのほうまで行ってみたいものだ。
スポンサーサイト


未分類 | 21:26:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。