FC2ブログ
 
■プロフィール

RYUICHI

Author:RYUICHI
前職は某大手メーカ系SIerのSE。2008/8/20に退職し8/24フィラデルフィアに渡米。ペンシルバニア大Whartonスクールのサーティフィケイトコースを中退し2010年6月よりアリゾナ州立大学大学院、技術経営学部(MOT)に留学。2011年7月に就職によりミシガンに移動。
車載システムのエンジニアとして働いています。

■最近の記事
■Twitter

■最近のコメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
深夜の悲しげな女の声
ある深夜。

タオルをしまっていたら、クローゼットの奥のほうから、ありえない女の人の声で、「ギョゥエェ~」って聞こえた・・

かなり真剣に、あ、ついに出たか?と思ってしまっが、ただ扉のきしみがそう聞こえただけ、、。34歳にもなってちょこっと心臓がびっくりしました。しかし何度やっても本当に人間の声に聞こえるから、逆におもしろくなったりして何度も確かめてしまった。

さて、そんな我が家も先日契約を更新しました。といっても簡単にはいかず、サインアップが遅かったせいか、最初データ上では8月からはあなたは隣の家ですよって表示されていた。そしてこの部屋には誰かが来ると。要は契約は夏だけだったので、次の秋からの人が勝手に割り当てられちゃったという状態。

考えようによっちゃー、ルームメイトを変えるチャンスではあった。でもいろいろ考えたあげく結局もとのままにした。はちゃめちゃなルームメイトだけれども、意外と気を使わずラクだし、隣の家は3人でシェアするので手狭になるだろうし、しかも引越しって大変なのは言わずもがな。免許の住所やら、カード類、銀行、、多くの変更を要する。あとは、本来ならば月曜日に実は部屋を出なければいけなかった。そして、入居が次の月曜日。。

1週間どこかに行けということです。そういうところが、なんというか、全然生徒個人のことを考えてなく、コンピュータでがさっとやっちゃうマンモス大学の悪いとこなんだろうな~。

まあ結局は事務局に行ってデータを修正してもらって何事もなかったように同じところに住むことになった。少なくとも来年の5月までは。

まわりには何もない。勉強に集中するしかない場所で。

では。
スポンサーサイト


アリゾナ日記 | 13:32:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。