FC2ブログ
 
■プロフィール

RYUICHI

Author:RYUICHI
前職は某大手メーカ系SIerのSE。2008/8/20に退職し8/24フィラデルフィアに渡米。ペンシルバニア大Whartonスクールのサーティフィケイトコースを中退し2010年6月よりアリゾナ州立大学大学院、技術経営学部(MOT)に留学。2011年7月に就職によりミシガンに移動。
車載システムのエンジニアとして働いています。

■最近の記事
■Twitter

■最近のコメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
英語奮闘記 「口癖的なもの」
暑い。

日本は肌寒い日が続いているようですが、こちらは連日摂氏30度。フィラデルフィアは春を通り越して夏になりました。

この調子では、残念ながら今週末予定されている「桜祭り」までに、ほぼ葉桜になってしまうだろう。。


さて、今日のテーマの「口癖的なもの」というのは、たとえば

『ってゆうか』『要するに』『いわゆる』『みたいな』

というような言葉の繋ぎとして言う言葉のことを指している。昔、学校の先生が一時間に「いわゆる」って何回言うか?なんて賭けをした覚えがないだろうか?(まぁあまりないとは思うが。。)

そして英語においては
"you know" とか "like"がそれにあたる。(と勝手に思っている)

you know は、直訳すると、「ご存知のように」とかだとは思うが、相手が知っているかどうか関係なく結構言葉のつなぎとして使うのを聞くことが多い。そして、我々日本人もよく使う。口癖がうつったともとれるが、もともと流暢に言葉を紡ぎ出すのが困難な場合、便利なクッションとなってくれるからだろうと思う。

Well, you know.. とかは、「えっと、まあ…」みたいに、うまく英語が思いつかない時の場繋ぎで使ってしまう事もよくある。(you know..の間にこれから口にする英文の文法チェックすることもよくある。正直。)you know 自体は全然もちろん間違いではないんだろうけど、自分があまりにも言い過ぎると、あ~相手は俺のこと英語が出来ないヤツだと思ってるだろうなぁとふと恥ずかしさに駆られる事もあるのである。

そして、もう一つ、like は特に若い女の子とかものすごい良く使う。会話はlikeだらけになることもしばしば。
She is like.. kinda pretty.. and like.. joins the party, you know, like many girls and boys hang out there. And last night, I saw her and I was like.. oh my gosh! She was like.. a bi*ch!

想像力があまりにも貧困でしかもメチャクチャな英語で申し訳ありません。。。まあでもそんな感じで、よくぞそんなにlikeを織り交ぜられるなと感心するぐらい。もちろん人によるけど。


えーっと、、結局何がいいたいかと言うと、英語が上手い人は、口癖的な言い回しも自然に口から出て、会話がスムーズに進行する。別に、言おうとしてるんではなくて自然の流れで口に出るだけ。英会話教室なんかで、ネイティブっぽくマネして言ってる人見たことがあるけど、順序を間違えちゃダメだなと思うわけである。

では。
スポンサーサイト


英語奮闘記 | 21:17:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。