FC2ブログ
 
■プロフィール

RYUICHI

Author:RYUICHI
前職は某大手メーカ系SIerのSE。2008/8/20に退職し8/24フィラデルフィアに渡米。ペンシルバニア大Whartonスクールのサーティフィケイトコースを中退し2010年6月よりアリゾナ州立大学大学院、技術経営学部(MOT)に留学。2011年7月に就職によりミシガンに移動。
車載システムのエンジニアとして働いています。

■最近の記事
■Twitter

■最近のコメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
英語奮闘記 「英語独特の表現」
今までこのブログでは英語そのものに対することはあまり触れなかったが、今後何の役にやつかはわからないが定期的に残していこうと思う。

もちろん海外在住者には当たり前すぎるし、そもそも英語に興味のない人には意味無いかも知れないが、少しでも英語を喋れたら・・とか英会話勉強してみようかな・・と思っている人には役に立つ。  かもしれない。。

さて、英語の日常会話ではご存知のように単語レベルでは中学レベルの単語がほとんどというのは本当である。でも、何話しているか分からないってことは、英語独特表現によるところが割とある。誰でも知っている単語でも、ちょっと第5文型なんか使われるととたんに分かりづらくなったりしないだろうか?例えば使役動詞 let。英語をマジメに勉強してこなかったおろかな俺でも、let-let-letの活用形は一応覚えていた。let-let-let,~させる。でもそれだけ。でも結構letって使うんだなあとこちらに来て思い知った。

例えば映画なんかで、腕を掴んでるしつこい男に向かって、、「離して!」(笑) なんてときはLet me go. なんて言ったりする。Release me. なんて聞いたことがない。あと、「~を教えて」と言うときに良く使うlet me know。思い浮かぶのがPlease tell me ~ だったりするかも知れないけど、なんかカチカチのよそよそしい英語に聞こえたりする。

また、work や sound という単語も日本で習ってきた基本的な意味とはまた別の使われ方をよくする単語である。スケジュールの都合がつくのもworkだし、(How does the schedule work for you?)、クスリが効いたりするのもworkである。
soundはどうしても音楽が聞こえるっていうイメージが残っていた。少なくとも俺の貧弱な英語ではそれ以上はなかった。でもこれも、How does that sound?(どう思う?)やSounds good(いいっすね)などと使われることは結構ある。

双方とも、仕事や音楽などのイメージが残っていると、最初聞いた時にはなにを言っているかかなり聞き取るのは難しいだろう。だって最初は絶対聞いたものを訳そうとするから。

また、いわゆる句動詞ってやつも厄介だ。ごく普通の単語が、ちょっと前置詞をつけたりするだけで英語が生き生きと輝きだす。逆に、句動詞を喋られても知らないと、ニュアンスが全然分からない。まあそのあたりは次回にでも。


英語的な言い回しをひとつひとつ覚えていく。それは使える英語を身に着ける一歩であるかも知れない。

では。
スポンサーサイト


英語奮闘記 | 06:36:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。